×
HOME>トピックス>なぜこんなに先生に頼る人が多いのかを説明します

目次

後遺障害の認定が間違いにくくなります

男性弁護士

交通事故にあった場合、なるべく早めに弁護士に相談した方がいいと言われていて、それは適切な後遺障害の認定をもらえるようになるからです。大阪で交通事故に関する案件を多数扱った実績がある先生は、正しい認定をもらうためには、病院への通院方法が大切になることを理解しています。適切な時期に医療機関で適切な検査をしておくことや、後遺障害診断書を正しく医師に記載してもらう必要性があることも、頭の中に入っているので頼りになります。

裁判まで発展する確率を下げられます

大阪で名の知られた交通事故問題に強い弁護士に相談すると、保険会社の対応がかわることが少なくないとされます。そうなると裁判まですることなく話が終わり、早期に正当な慰謝料をもらえることができるので、依頼者にとってはいいでしょう。

費用が0円で済むこともあります

保険会社からすでに提示されている額よりアップできない場合、弁護士費用が0円でいいですと言う事務所があります。これはつまり、交通事故問題に絶対の自信があるからできることで、相談者としては安心して保険会社との交渉を任せることができます。因みに大阪で活躍している交通事故問題を知り尽くしている弁護士が、保険会社と交渉すると高い確率で慰謝料額がアップするとされています。アップする額も1000万場合によっては2000万円以上になることもあり、先生に交通事故の相談をすると、多くの場合自分にメリットがあるでしょう。

広告募集中